米国株投資 おすすめ #FOUR シフト4 ペイメンツ

今回は2021年2月19日(金)に購入した#FOUR Shift4 Payments Incの紹介です。
株サークルでこの銘柄知り、早速、15株(約12万円分)購入してみました。
2月は相場が下落しやすいアノマリーだったため、なかなか積極的に買い進むことができず、、、。現金保有多めにしていました。

しかし、そこまで大幅に下落していないので、気になった銘柄を買ってみたので企業分析します。
やはり自分で企業分析するのは大事。
株式投資は自分で入り口(買う)、出口(売る)、ストーリーを組み立てていけるようになることが必要です。





#FOUR シフト4 ペイメンツの企業内容

業種:業務支援サービス
創業者兼最高経営責任者(CEO):ジャレッド・アイザックマン氏


従業員数:738人
時価総額(百万ドル):6,539.09(百万ドル)  日本円で約68億円

事業概要:クレジットカードなどのカード決済業界におけるアクワイアラー(加盟店管理会社)で、POS(販売時点管理)システムなどのソフトウェアも提供するIT(情報技術)企業です。

当社の主要顧客は外食産業や宿泊業で、新型コロナの感染拡大により、当社業績も影響を受けています。しかし今後、ワクチン普及に伴い経済活動が回復していくと予想され、当社業績も拡大し、2021.12期には調整後一株当たり利益は黒字化すると予想されます。

予想PER(株価収益率):127.5 倍(△割高)
PBR(株価純資産倍率):10.6倍(△割高)
自己資本比率:50% (○自己資本が豊富)

#FOUR シフト4 ペイメンツの事業内容

事業内容~アクワイアラーの存在意義

加盟店が直接各決済ネットワーク企業と取引する場合
カード決済業界におけるアクワイアラーが当社の位置づけになります。クレジットカードなどの
カード決済ネットワークにおいて、新規の加盟店の獲得を行ったり、加盟店管理業務を行います。


アクワイアラーを利用する場合
アクワイアラーを利用すれば、窓口は1つとなり、アクワイアラーが事前に取りまとめた条件で、主要なクレジットカードを利用できるようになります。


シフト・フォー・ペイメンツのビジネスモデル
加盟販売店は、当社を窓口とするワンストップで、決済ネットワークとビジネス用の各種ソフトウェアを利用することができます。当社では、総合的なソリューションとして提供し、顧客の利便性を高めることで、顧客を獲得する戦略をとっています。


#FOUR シフト4 ペイメンツの業績・株価

業績

2021年は売上は成長、利益は赤字から黒字になると予想されています。

チャート

#FOUR シフト4 ペイメンツの今後

2019年、2020年は新型コロナの影響を受けて、飲食店の売上が減っていましたが、今後コロナが終息するにあたり、外食産業や宿泊業の復調に伴い、当社の増収率も再び加速すると予想されます。







コメント